【myFirst Fone r1】楽天モバイルのSIMは使える?

OaxisのmyFirst Fone r1 に楽天モバイルのSIMは使えるのか固定費削減

キッズスマートウォッチは子供の見守りに便利ですが、通信料はできるだけ抑えたい(できれば無料にしたい)ですよね?

本記事では、「OAXIS社のキッズスマートウォッチ”myfirst Fone r1″に楽天モバイルのSIMカードを入れて問題なく動作するか?」を確認しました。

また、楽天が使えるかどうかにおいて最も重要な、楽天回線エリアとパートナー回線エリアの違いを説明して、なぜパートナー回線では使えないのか? について解説しました。

最後に、楽天が使えない方(使いたくない方)に、楽天の次におすすめのSIM(b-mobile)を紹介しています。ぜひ本記事をご覧頂いて、myFirst Foneの通信量を抑えていただければと思います!

myFirst Fone r1に楽天モバイルのSIMは使える?(結論)

筆者の結論は、“楽天回線エリア内に限り主要な機能は使える”です。

以下、順を追って説明していきます。

楽天モバイルのSIMを入れて動作するか?

まず前提として、筆者の住んでいる地域は楽天回線(楽天自前の回線)エリアに入っています。

普段スマホで使っている楽天モバイルのSIMカードをmyFirst Fone r1 に入れてAPN設定したところ、位置検索、SOS、ビデオ通話等の主要な機能はすべて使えました!

1点だけ注意が必要ですが、通話(電話回線)は使えませんでした。ただし、楽天のアプリ(Rakuten Link)なしで通話されると通話量がかかってしまうので、むしろ通話が使えないのは好都合です(ビデオ通話で十分!)

なお、APN設定といっても、説明書通りに新しいAPNを追加して、”APN”の欄に”rakuten.jp” (SIM購入時の冊子に記載のAPN) と入れただけですので、ご安心ください(他の項目は自動で設定されました)。

子供の活動範囲は全て楽天回線エリアに入っているか?

楽天モバイルが使えるかどうかは、子供が常に楽天回線エリア内にいるかどうか?にかかっています

楽天モバイルのサイトを見ると、楽天エリア回線とパートナー回線について、以下のように書いてあります。

パートナー回線エリアは、au回線にローミング接続するエリアです。

楽天の提供するサービスエリアには、楽天の基地局の電波を利用する楽天回線エリアとパートナーの基地局の電波を利用するパートナー回線エリアの2つが存在します。

引用元:楽天モバイル

つまり、楽天回線エリアではない(楽天の基地局から電波が届かない)地域では、楽天が提携しているau回線を使用していて、これをパートナー回線と呼んでいます。

楽天回線エリアは、以下リンク先で確認できますので、契約を検討している方はに確認してみてください。

楽天回線エリアを確認する

myFirst Fone r1 はパートナー回線で使える?

「au回線の方が安定しているだろうし、パートナー回線で使えばいいじゃん」 と思った方、鋭いです。

結論から言うと、パートナー回線では使えない可能性が高いです

確かにパートナー回線であろうと楽天回線であろうと、1GB以下であれば無料です。また、パートナー回線でも5GB(海外は2GB)まで高速通信ができるので、もし無料の範囲を超えても、データ容量的にスマートウォッチでは問題無いレベルです。

一方で、Oaxis のサイトには、以下のように書いてあります。

*ご購入になる前に必ずチェックしてください:

1. NTT(Dプラン)とSB 回線であること。auプラン(Aプラン)はご利用頂けません
2. 購入する前に必ず通信会社と動作確認のテストを行うこと
3. 1GB以上のプランをご購入ください。
4. SMS機能付のSIMカードを購入する必要はありません。
5. 3Gまた5GのSIMカードはご利用いただけません。
6. シェアプランは使えません。
7. 速度は最小400kb/s

引用元:Oaxis.jp

実際に試したわけではないので証拠はないですが、メーカーサイトにauは使えないと書いてあるので、おそらくパートナー回線(au)は使えないと思われます

メーカーが楽天を非対応SIMとしている件

楽天モバイルのSIMは、Oaxis のサイトの非対応SIMカード のリストに入っていますが、非対応の理由には「Band3(1.7GHz)以外、データ通信ができません」と書かれています。

一方、こちらの記事に書かれているように、auでは、Band1, Band18 に対応していないと、つながりにくい可能性が高いです。

auではBand 1, Band 18(Band 26)に対応していることが必須であると思います。特に気をつけなければならないのがBand 18(Band 26)です。auは早い時期から「つながりやすいau」と宣伝して、プラチナバンドと呼ばれるこの周波数帯をメインとして整備していました。逆に言うと、Band 18(Band 26)に対応していないと「つながりにくいau」になりますので注意しましょう。

引用元:telektlist 「日本の全キャリアの4G周波数帯まとめ【楽天モバイル追加】」


以上を筆者なりに解釈すると、「パートナー回線(au)エリアでつながりにくいので、推奨しません」ということだと思われます。

筆者も楽天SIMで長期間使ったわけではないので、楽天エリア内で問題が出ないと言い切ることはできませんが、楽天エリア内にお住まいの方は、検討の価値があると思います。

楽天モバイルをmyFirst Fone r1に使う方は、いきなり子供一人のシーンで使うのではなく、まずはしばらく練習して不具合ないことを確認したうえで、ご利用されることをお勧めします

楽天の次のおすすめは?

「楽天エリア内に住んでいない」「楽天の通信品質に不安がある」という方には、b-mobile の190PadSIM をおすすめします。

「b-mobileなんて聞いたことない」という方は、こちらの記事でb-mobileについて説明していますので、合わせてご覧くださ い。

格安SIMのb-mobileってどんな会社?おすすめのプランは?
格安SIMの中でも、特に0~1GBユーザーの方におすすめなのが、b-mobile の"190PadSIM" プランです。でも、「b-mobileなんて聞いたこと無いし、大丈夫?」という方も多いと思います。そこで、本記事では「b-mobileがどんな会社で、おすすめの190PadSIM がどんなプランか?」をまとめました。

b-mobile はソフトバンクかドコモから回線を選ぶため、myFirst Fone r1 を使える可能性が高いです(メーカーが動作保証しているわけではないです)。

0.1GBまでは209円(税込)、1GBまでは528円という価格設定が非常に使いやすいと思います。

詳しくは、こちらの記事で7社の比較をしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

【SIMフリー対応スマートウォッチ】おすすめのデータSIM 7選
コスト重視で、0~1G のデータSIM 7つの月額を比較しました。SIMフリー対応(セルラーモデル)のスマートウォッチやタブレット、スマホを使う予定で、どの格安SIMを選んだら良いか悩んでいる方の参考になると思います。さらに、その中でも特におすすめを2社を紹介しました(楽天とb-mobile)。

まとめ

楽天回線エリア内であれば、楽天のSIMでmyFirst Fone r1が動作することを確認しました(通話機能は除く。ビデオ通話はOK)。

また、楽天回線エリアとパートナー回線エリアの違いを説明して、楽天のSIMが使える方、使えない方の説明をしました。

次に、楽天回線が使えない方や通信品質に不安がある方向けに、b-mobileを紹介しました。

なお、メーカー推奨のSIM以外は動作保証がされているわけではないので、あくまでSIM選びは自己責任でお願いします。

最後に、こちらの記事で楽天モバイルを子供名義で契約する際の流れと注意点を説明していますので、ぜひご覧ください!

【楽天モバイル】子供名義で1Gまで無料で使う方法
親が楽天モバイルを使用中で、子供のスマホも"1Gまで無料"で使いたいと考えている親御さんは多いのではないでしょうか?しかし、2回線目は1G以下でも月額1,078円です。本記事では、子供名義で契約して1Gまで無料で使う方法を紹介しています。18歳未満はフィルター(330円/月)必須なのですが、所定の手続きで解除できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました