格安SIMのb-mobileってどんな会社?おすすめのプランは?

b-mobileってどんな会社?おすすめのプランは?固定費削減

格安SIMを使いたいけど、「たくさんありすぎで、どこが良いかわからない」「プランが複雑すぎる」と思っている方は多いのではないでしょうか?

格安SIMの中でも、特に0~1GBの低データ容量ユーザーの方におすすめなのが、b-mobile の”190PadSIM” プランです。b-mobile は、3大キャリアが値下げをするよりずっと昔から、顧客目線のシンプルかつ低価格なプランを提供してきた会社です。

でも、「b-mobileなんて聞いたこと無いし、大丈夫?」って不安に思う方もいると思います。

そこで、本記事では「b-mobileがどんな会社で、おすすめの190PadSIM がどんなプランか?」をまとめました。また、b-mobile の評判・口コミをまとめたサイトもリストアップしました。

ぜひ本記事を参考にしていただき、b-mobile のSIM をご検討ください!

b-mobile ってどんな会社?

b-mobileは、”日本通信株式会社” がもつMVNO事業のブランドです。

簡単に言うと、我々のような個人消費者にとっては格安SIMの会社”です。

知名度低いし怪しくない? と思った方もいるかもしれませんが、大丈夫です。以下に会社概要の一部を引用していますが、東証一部上場で創業25年のしっかりした会社です

会社概要

社名 日本通信株式会社 (にほんつうしんかぶしきがいしゃ)
設立 1996年5月24日
資本金 4,528,440,885円(2021年11月30日現在)
従業員数 114名(2021年3月31日現在、連結子会社・臨時従業員含む)
上場取引所 東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:9424)
事業内容
 MVNO事業
  -個人及び法人顧客向けモバイル通信サービスの提供
 イネイブラー事業
  -MVNO事業を提供するパートナーに対して、要望に応じたモバイル通信サービスを提供
  -MVNO、システムインテグレーター、メーカー、金融機関等のパートナーに対して、要望に応じたモバイル・ソリューションを提供

引用:日本通信株式会社HP より抜粋

また、筆者が持つ日本通信のイメージは、「昔から安くて通信品質も悪くない顧客ファーストのサービスを提供してきた会社」です。

以下、ちょっと古い記事の引用ですが、日本通信が顧客優先で低価格市場を切り開いてきたのが良くわかります。

日本通信株式会社が作った世界初・日本初

・『世界初』データ通信MVNO
 日本通信は、Mobile Virtual Network Operator (MVNO)として、データ通信を実現した第一号の会社です。現在は、音声通信も提供しています。

・『日本初』SIM製品を販売
 SIM製品の登場で、自分の電話番号を複数の携帯端末で利用できるようになりました。日本通信では契約が切れた端末でもSIMを差し込めば通信が可能になることに貢献しました。

・『日本初』基本料0円の通信プラン
 日本通信は日頃利用の少ないユーザ向けに、基本料がかからない通信サービスを発売しました。

・『日本初』速度制限通信プラン
 他社が”速度競争”を繰り広げている中、日本通信は高速でなくても、毎月の通信料金を抑えたいというユーザのニーズを掘り起こし、通信サービスの“低速市場”を切り開きました。

引用元:社長名鑑

おすすめのプランは”190PadSIM”

b-mobileには、プリペイドを除いた月額課金タイプのSIMのプランが3つあります。ただし、各社の値下げが続く中、コスト競争力があるのは、この “190PadSIM” プランのみだと思います(筆者の意見です)。

190PadSIMプランは、こんな人におすすめです!

・使わなくなったタブレットやスマホを子供に持たせたい

・セルラータイプのスマートウォッチ、キッズスマートウォッチを安く使いたい

・スマホの使用データ量が少なめで、月によってムラがある

・楽天モバイルを既に1回線使っていて、サブ機のSIMを探している

なぜおすすめか?を説明します。

以下の表がデータ使用量ごとの料金です。190PadSIM の最大の魅力は、0~1GBの価格設定にあります。「あまり使わなかった月は209円(~0.1GB)使用量が多かった月は528円(~1GB)」というのが、データをあまり使わないユーザーにとって、とても使いやすいと思います

データ使用量データ通信のみ
月額(税込)※1
SMS付
月額(税込)※2
0~0.1 GB209円352 円
0.1~1 GB528円671 円
1~3 GB935円1,078 円
3~6 GB1,595円1,738 円
6~10 GB2,409 円2,552 円
10~15 GB3,608 円3,751 円

ちなみに、0.1GB(100MB)でできることはこちらの表の通りです。LINEとネットサーフィンぐらいしか使わないという方は、0.1GB以内に収まることも多いのではないでしょうか?

項目回数単位データ量
LINEメッセージ20,000回5kB/回 と仮定
テキストメール送受信2,500回40kB/回と仮定
Facebook/Twitter2,000記事50kB/記事と仮定
ショッピングサイト200ページ500kB/ページと仮定
ニュースサイト250ページ400kB/ページと仮定

なお、こちらの記事で他社SIMとの比較(1GB以下) を行っていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

【SIMフリー対応スマートウォッチ】おすすめのデータSIM 7選
コスト重視で、0~1G のデータSIM 7つの月額を比較しました。SIMフリー対応(セルラーモデル)のスマートウォッチやタブレット、スマホを使う予定で、どの格安SIMを選んだら良いか悩んでいる方の参考になると思います。さらに、その中でも特におすすめを2社を紹介しました(楽天とb-mobile)。

評判・口コミ、回線速度は?

b-mobileの評判や口コミのまとめサイト、回線速度を調査しているサイトのリンクを紹介します。

通信品質に関してはおおむね好意的なものが多いと思います。悪い評判には、「対応が遅い」「端末とのセットがない」といったものが見受けられました。

価格ドットコムの口コミ
比べてネットの 口コミ
SimNavi-シムナビ- の口コミ
iPhone格安SIM通信 の口コミ
格安SIMの速度測定 2021年10月後半 by OREFOLDERさん
格安SIMの速度測定 2022年1月 by OREFOLDERさん

まとめ

b-mobile が日本通信株式会社のMVNO事業ブランドであるということ、日本通信がどんな会社か?を説明しました。

また、b-mobileの中で最もおすすめな190PadSIMプランについてまとめました。特に、1GB以下のユーザーに使いやすいプランであることがわかっていただけたと思います。

ぜひ眠っているスマホの有効活用や、固定費削減のためのSIMの見直しにb-mobile 190PadSIM をご検討ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました