【フローチャートで超簡単】1GB未満がお得な”通話SIM”の選び方 | 楽天モバイル0円ユーザーの乗換え先におすすめのプランと「かけ放題オプション」について

データ使用量1GB未満の人向けに、通話SIMの選び方をフローチャートでわかりやすく解説。 格安SIM

楽天モバイルを無料で使っていたんだけど、0円廃止になるから乗り換えたい・・・。どこがいいのかしら?

カワエビ
カワエビ

使い方によっておすすめはかわってくるよ!

無料だったならデータ使用量は1GB未満だね。Rakuten Link で電話は使っていた?それともLINEのようなIP電話だけかな?

Rakuten Link というのかな?アプリで電話はかけていたわ。

カワエビ
カワエビ

ふむふむ。ちなみに、電話番号を持たない”データSIM” にすると安くなるけど、どうかな?

電話番号が無くなるのは困るわ・・・。

カワエビ
カワエビ

だったら”通話SIM”が良いよ! おすすめのSIMについて、順番にわかりやすく解説するね!

本記事では、「楽天モバイル0円廃止後に乗り換えを考えている人」や「データをあまり使わない人」向けに、フローチャートを使って”通話SIM” の選び方をわかりやすく解説していきます。あわせて、「かけ放題オプション」についても解説します。

毎月のデータ使用量が1GB未満の人は、ぜひ本記事を参考にして、できるだけ月額が安い格安SIMを見つけてください!

1GB未満がお得な”通話SIM”の選び方

各キャリアのホームページや比較サイトを見ても、結局どれがお得なのか、ややこしくてよくわからないですよね? それに、ついつい知名度やキャンペーンに惑わされがちです。

そこで、迷わずコスパの良い通話SIMが選べるように、フローチャートを作りました。質問に「はい」か「いいえ」で答えると、最適なSIMと通話オプションが選べるようになっています。

それでは、試してみてください。

1GB未満が安い"通話SIM"の選び方をフローチャートで簡単に解説。楽天モバイル0円ユーザーの乗換え先選びに最適です。

(1) 電話番号(090-XXXX-XXXX) を持ち、Rakuten Link もしくは標準の電話アプリで電話を利用することを指す(LINEなどのIP電話は含まない)
(2) 100MB でできることは、後ほど解説しますが、「LINEのチャットとネットサーフィンぐらいしかしない
」という人は100MBで足りるケースも多いと思います

次に、各プランとオプションの組み合わせが、どんな使い方に向いているかをざっくりと説明していきます。

① HISモバイル「自由自在290」 オプション無し
「データ使用量は100MB/月未満、電話は27.7分/月 以下」という人には、このプランがおすすめです。

「LINEのメッセージとネットサーフィンぐらいしか使わないし、電話も2~3分の電話を月に数回ぐらいしか使わない」であるとか、「とりあえず電話番号を維持したい」という人に最適です。

月額は、290円の基本料に通話料(9円/30秒)が加算されます。
② HISモバイル「自由自在290」+ 5分かけ放題オプション
「データ使用量は100MB/月未満、短い電話(5分未満)をたくさんかける」という人には、この組み合わせがおすすめ。例えば、1回2~3分ぐらいの電話を頻繁にする場合は、5分かけ放題のオプションを付けた方がお得です

月額は790円です(100MBまでの基本料290円+オプション500円)。
③ 楽天モバイルから乗り換えなし
データ容量が100MBや1GBに収まったとしても、通話をたくさん使う場合は、結局、楽天モバイルがお得です(ただし、専用アプリのRakuten Link を使う必要あり)

HISモバイルの完全かけ放題はオプション料1,480円/月なので、楽天モバイルを3GB未満に抑えて(1,078円/月)、Rakuten Linkで無料通話を使った方が断然お得です。

スマートウォッチのようなRakuten Linkを使えない端末や、使いたくない場合は、HISモバイルの完全かけ放題付きで月額1,770円がおすすめです。
④ 日本通信「合理的シンプル290」 オプション無し
「データ使用量は1GB/月未満、電話は月に31.8分以下におさまる」という人には、このプランがおすすめです。

HIS「自由自在290」と違って、“1GBまで290円”というのがポイントです。

楽天モバイル0円と同じ”1GBまで” 290円なので、安心してこれまでと同じ使い方ができるでしょう。

ただし、通話量は11円/30秒(HISよりやや高い) がかかります。それでも大手キャリアの半額ですが・・・。
⑤ 日本通信「合理的シンプル290」 70分/月 かけ放題
「データ使用量は1GB/月未満、電話は月に70分以上かける」という人には、このプランがおすすめです。

「1日1分以上電話する」とか、「たまに長電話する」といった人は、月額990円で通話70分が付くのでお得感があります。
⑥データSIM
「電話はLINEで十分」「電話番号が無くても困らない」という人は、本記事でおすすめしている”通話SIM” ではなく”データSIM”の方が安いです。

おすすめは、HIS Mobileのビタッ!プラン か、b-mobileの190PadSIM プランです。

「自由自在290」は基本料だけでなく通話料も安い!

やっぱりデータSIMを検討するという人は、こちらの記事 で1GB未満がお得なデータSIMについてまとめていますので、ご覧ください。

データ使用量と価格の比較

通話料やオプション料金を除いた、データ使用量と価格を一覧表にしました。最も安い料金を黄色くマークしました。

データ使用量HISモバイル
自由自在290
日本通信
合理的シンプル290
楽天モバイル
UN-LIMIT Ⅶ
0~100MB290円290円1,078円
100MB~1GB550円290円1,078円
1~2GB770円510円1,078円
2~3GB770円730円1,078円
各社のデータ使用量と価格(通話料を除く) の比較。3GB以上は省略。

通話をほとんど使わない人は、100MBを超えても安心感がある「日本通信の合理的シンプル290」がお得といえます。

通話料の比較

かけ放題オプション無しの時の通話料をこちらの表で比較しました。

HISモバイル
自由自在290
日本通信
合理的シンプル290
楽天モバイル
UN-LIMIT Ⅶ
基本通話料9円/30秒11円/30秒無料
(アプリ未使用時は22円/30秒)
各社の通話料を比較

アプリ(Rakuten Link) を使える環境で、たくさん通話する場合は、やはり楽天モバイルが断然お得です。

アプリ無しの通話で最も安いのはHISモバイルです。月に合計27分も電話しないという人は、オプション無しで「自由自在290」プランを選びましょう。

“かけ放題” オプションの内容と価格の比較

HISモバイルと日本通信には、”かけ放題” のオプションがあります。以下の表に、プラン内容と月額をまとめました。

キャリアオプション月額 (基本料別)
HISモバイル 5分/回 かけ放題500円(税込)
HISモバイル 完全かけ放題1,480円(税込)
日本通信70分/月 かけ放題700円(税込)
日本通信完全かけ放題1,600円(税込)
HISモバイル「自由自在」と日本通信「合理的シンプル290」の かけ放題オプション費用

「よく5分未満の電話をする」という人は、HISモバイルの”5分かけ放題” がお得です。「月に数回ぐらい、数分~10分ぐらいの長電話する」という人は、日本通信の”70分かけ放題” がお得です。なにも気にしないで、たくさん通話を使いたいという人には、HISモバイルの”完全かけ放題” がお得です。

HISモバイルを290円で使うことはできる?【データ容量100MBでできること】

「HISモバイルを選ぶかどうか?」で重要になってくる「100MB でできること」を表にまとめました。

項目回数単位データ量
LINEメッセージ20,000回5kB/回 と仮定
テキストメール送受信2,500回40kB/回と仮定
Facebook/Twitter2,000記事50kB/記事と仮定
ショッピングサイト200ページ500kB/ページと仮定
ニュースサイト250ページ400kB/ページと仮定
データ容量100MBでできること

LINEのチャットとネットサーフィンぐらいしか使わないという方は、100MB 以内に収まることも多いのではないでしょうか?

「自由自在290」は基本料だけでなく通話料も安い!

基本料0円のpovo を選ばない理由

povo は基本料0円だけとダメなの?

カワエビ
カワエビ

あまりデータを使わない人には、おすすめできないよ。わかりやすく説明するね!

povoはトッピングしないと、回線速度が128kbps なので、実質トッピングをつけないと使えないです。「テキストメール(字だけのメール) しか送りません」という人でもない限り、トッピングをつけることになります。

そして、本記事の読者におすすめできない理由は、データをあまり使わない人向けのトッピングがないことです。

以下、比較的データをあまり使わない人向けのトッピングと料金ですが、毎日使う人は3GBの追加を選ぶしかありません。

  • 24時間データ使い放題 (税込330円)
  • 1GB データ追加 (税込390円/7日間)
  • 3GB データ追加 (税込990円/30日間)

ちなみに、通話のトッピングはこんな感じです。

  • 5分以内かけ放題 (税込550円/月)
  • かけ放題 (税込1,650円/月)

ただし、次のような人にはpovo も”あり”です。

  • データは全然使わないし、通話は5分以内
  • データは全然使わないし、電話は受けるだけ
  • とにかく電話番号を維持したい
  • Rakuten Link のようなアプリを使えないけど、完全かけ放題を使いたい

このような人は、povoも検討してみてください。

まとめ

これまで楽天モバイルを無料で使っていた人や、月のデータ使用料が1GBに満たない人向けに”通話SIM” の選び方をフローチャートで分かりやすく解説しました。

また、どのような使い方の人に、「どのプランとオプションの組み合わせが向いているか?」を、各社のプランと”かけ放題” オプションを紹介しながら解説しました。

最後に、HISモバイルを選ぶかどうかのポイントである「100MB でどんなことができるか?」をまとめたので、参考にしてみてください。

本記事を読んで、自分に合ったお得な通話SIMを見つけてもらえたら嬉しいです!

「自由自在290」は基本料だけでなく通話料も安い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました