【月額がかからない方法はある?】スマートウォッチとGPS発信機、キッズスマホ/ケータイ のメリット・デメリット | 子供に持たせるならどれ?

子供の見守り用GPS機器を比較。どれが最適?キッズスマートウォッチ

うちの子にスマホはまだ早いから、キッズスマートウォッチとかGPS発信機を考えているんだけど、どんなメリットとデメリットがあるのかしら?

カワエビ
カワエビ

キッズケータイやキッズスマホもあるし、選ぶの難しいよね・・・。 メリット・デメリットと一緒に、どンな人にどのデバイスが最適かをまとめたよ!それに「月額どれくらいかかるか?」も気になるよね!

え、月額? スマートウォッチやGPS発信機はかからないと思っていたわ・・・。

カワエビ
カワエビ

残念だけど、GPS付きの見まもり製品で月額がかからないものはないよ。もちろんGPS発信機も毎月お金がかかるよ。スマートウォッチも月額はかかるんだけど、”SIMフリー” だから、コスパの良いSIMを選べば、月額およそ200円から使えるよ

本記事は、スマホ以外で子供の見まもりに「どんな方法(製品)があるか?」「どう選んだらよいか?」についてまとめました。

次に、”キッズスマートウォッチ”と”GPS発信機”、”キッズスマホ”、”キッズケータイ” それぞれのメリット・デメリット と月額について、わかりやすく一覧表で比較しました。さらに、具体的な商品の比較とおすすめについても解説していますので、参考にしてみてください。

月額、通話機能の有無、身に着けやすさ、デザインなど、親子それぞれの希望があって悩ましいと思いますが、本記事を読んでぜひ最適な製品を見つけてください!

本記事は以下のような人におすすめです。

  • 見まもり用のGPS機器(スマートウォッチ、GPS発信機、キッズケータイ、キッズスマホ)を検討しているが、どれが良いかわからない
  • それぞれのメリット・デメリットを知りたい
  • どの機器が月額どれくらいかかるかを知りたい
  • おすすめの商品を教えてほしい

なお、本記事の”見まもり” の定義は「GPSで子供の位置情報が得られる」こととします。また、製品と価格の情報は、変更されている場合があるので、購入する場合は改めてご確認ください。

何を選ぶべきか?(スマートウォッチ、GPS発信機、キッズスマホ/ケータイ)

もちろんコストは大事なのですが、どの方法もしっかり製品を選べば、月額は200~1,100円程度です。重要なのは、お子さんの年齢や使い方に合わせて、何をやりたいか?(やらせたいか?)だと思います。

ちなみに、月額重視で選ぶ場合は、スマートウォッチにコスパの良いSIMを入れる方法が最安です。この方法であれば、月額およそ200円から使用することができます。おすすめのスマートウォッチとSIM について、こちらの記事 について詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

見まもりGPS機器を選ぶ流れ(フローチャート)

まだどの製品にするか悩んでいる方は、こちらのフローチャートを使って検討してみてください。「はい」か「いいえ」を選びながら進むと、おすすめのGPS機器がわかるようになっています。

子供用GPS機器を選定するためのフローチャート

メリット・デメリットと月額のまとめ

次に、それぞれのメリット・デメリットとおよその月額を表にまとめました。こちらを見ていただくと、「自分の家族にどの製品があっているか?」がわかりやすいと思います。

製品メリットデメリットおよその月額
スマートウォッチ・SIMフリーなので月額が安くできる
・外遊びの時に身につけやい(首から下げなくてよい)
・置き忘れしにくい
・デザインが良い
・学校が持込を禁止している場合がある
・他と比べると電池の持ちがよくない
・イヤホン(ヘッドセット)を付けないと会話が筒抜け
198円~
GPS発信機・学校が禁止していない
・電池の持ちが良い
・余計な機能が無い
・通話やメールなどのコミュニケーションができない
・首に下げていると邪魔になる
528円~880円
キッズスマホ・スマホを持つ練習になる
・親のキャリアに関係なく使える
・フィルターやアプリ制限が必要
・やや月額高め
・首に下げていると邪魔になる
1,100円~
キッズケータイ・安く家族間通話できる可能性がある (キャリアの家族割引が必要)・親のスマホが3大キャリアでないと制約が多い
・首に下げていると邪魔になる
539~880円
+通話料
見まもりGPSのメリット・デメリットとおよその月額

見まもりGPS機器の年代別おすすめ

うちの子は小1なんだけど、結局どれがおすすめ??

カワエビ
カワエビ

小1なら、置き忘れしにくくて月額が安く抑えられるスマートウォッチがおすすめだよ。ただし、学校が持ち込みを禁止している場合もあるから注意してね。

年代別のおすすめは以下の通りです。学校のルールや周りの友達が何を持っているかにもよるのですが、参考にしてみてください。

小学校低学年:スマートウォッチ
通学時はランドセルに入れておける + 外遊びでは身につけやすいため、スマートウォッチがおすすめです。コスパの良いSIMなら月額も安くすみます。
小学校中学年:スマートウォッチかキッズケータイ
まだスマホは持たせたくないので、やはりスマートウォッチがおすすめです。周りの友達がキッズケータイやキッズスマホを持っていて、どうしても通話したいという場合は、スマートウォッチに”通話SIM”を使うか、キッズケータイがおすすめです。
小学校高学年:どれでもOK
どれでもよいと思いますが、スマホを持つ練習もかねてキッズスマホも選択肢に入ると思います。ただし、SNSや動画、ゲームにのめりこみすぎないように管理が必要なので、親の負担は増えます。

なお、あえてオススメにGPS発信機は選んでいません。理由は、せっかく持たせるのだから、子供にとっても何らか経験になるものが良いと考えているからです。

ただし、GPS発信機は学校に持ちこみやすく、余計な機能がなく安心というメリットがあるので、十分検討の価値はあると思います。

ちなみに、我が家は娘が低学年ということもあり、「公園に遊びに行く時も邪魔にならない」、「デザインがかわいい」という点を重視して、キッズスマートウォッチmyFirst Fone R1s を選択しました。興味がある方は、レビュー を書いているので、あわせてご覧ください。

各機器のメリット・デメリットとおすすめの製品

以下に各機器のメリットデメリットをまとめました。また、代表的な製品を比較して、おすすめを挙げたので、参考にしてください。

キッズスマートウォッチ

メリット・デメリット

前述のまとめ表にも書きましたが、より詳しくは、以下の5つが大きなメリットです。

キッズスマートウォッチのメリット

  • コスパの良いSIMを選べば、月額が安い(198円~)
  • 登下校や習い事、留守番や外遊びなど、いろいろなシチュエーションで使える
  • 公園に行く時などに身に着けやすく、邪魔にならない(首に下げなくてよい)。置き忘れもしにくい
  • デザインがかっこ良い(かわいい) ので、子供が身につけるのを嫌がらない
  • GPSだけでなく、電話やカメラなど多機能で、マルチに使える
  • 製品によっては、大人のスマートウォッチ顔負けの機能がある(音楽再生、歩数計、心拍数モニターなど)
  • アプリを入れたり、動画を見たりできないので、余計な心配をしなくてよい

最大のデメリットは、学校が持ち込みを禁止している場合があることです。

逃げ道としては、音が出ないマナーモードにしてランドセルに入れっぱなしにする方法が考えられますが、製品によっては、時計のベルトを外してキーホルダー型にできるものもあります(例えば、myFirst Fone)。

Oaxis のmyFirst Fone R1 を専用のシリコンケースに入れたときの写真
myFirst Fone R1 を専用シリコンケースに入れてキーホルダー化した写真

製品比較とオススメ

私のおすすめは、Oaxis のmyFirst Fone R1s(2022年モデル) か、myFirst Fone R1(2021年モデル) です。理由は、デザイン、機能、使いやすさのバランスが良いためです。

QISUO のLT21 とLT25 も日本語対応で端末価格が比較的安いのでで、選択肢に入ると思います。

主要な見まもり機能である通話、GPS、SOS、ボイス/テキストメール、防水 など、いずれの製品にも付いています。こちらの表に、見守り以外の機能と価格を比較したので、参考にしてください。

メーカー/ 製品名公式サイトへ端末価格日本語電池容量音楽再生ゲーム時間管理
Oaxis
myFirst Fone R1
(2021年モデル)
詳細を見る15,228円※1対応580mAhありなしなし
Oaxis
myFirst Fone R1s
(2022年モデル)
詳細を見る21,708円※1対応580mAhありなしなし
QISHUO
LT21
詳細を見る11,950円対応不明なし算数ゲームあり
QISHUO
LT25
詳細を見る12,150円対応不明なし算数ゲームあり
4G キッズスマートウォッチの価格と見守り以外の機能比較

※1 LINEの公式アカウントを友達に追加してた時の価格 (9/30まで)

より詳しくは、GPS付きで4G回線に対応しているキッズスマートウォッチについて、こちらの記事 で比較していますので、ぜひご覧ください。

キッズスマートウォッチ向きのSIMについては、おすすめの”通話SIM”と比較 の記事と、おすすめの”データSIM”と比較 に詳細をまとめていますので、こちらもあわせてご覧ください。

GPS発信機

メリット・デメリット

私が思う大きなメリットは、以下の2つです。

GPS発信機のメリット

  • 学校で持ち込みを禁止されていない
  • 電池の持ちがよく、頻繁に充電しなくてよい

デメリットとしては、以下のようなことがありがちではないでしょうか

GPS発信機のデメリット

  • 子供にとっては面白みがないので、自発的に持って行かない
  • 公園などで遊ぶ時に邪魔になる
  • 持って行った先で置き忘れてしまう

製品比較とオススメ

各製品の比較表を作成しました。最低限の基本機能はどれも同じと思ってよいと思います。

コスト重視であれば キンセイGPS、電池容量の”みてねみまもりGPS“、マチコミと連携して防犯対策ができる”みもり” も悪くないと思います。また、SOS機能付き(ボタンを押すと保護者のスマホに通知が届く)の”soranome(ソラノメ)” もニーズはあるのではないでしょうか

製品名端末代
(税込)
月額
(税込)
電池容量/
電池のもち
特長
GPS BoT5,280円528円1400mAh/
最長1か月
みてねみまもりGPS5,280円528円1800mAh/
最長1か月
とにかく電池容量が大きい
・歩数計機能付き
みもり8,580円748円1350mAh/
2~3週間
マチコミの不審者情報を通知
 (本体にはアラームで知らせる)
音声メッセージ送信可能(子供からは不可)
まもサーチ25,980円528円不明/
最長1か月
2021年11月末まで通信料2か月無料
年払い(年5,500円)の場合は年間836円お得
ソラノメ14,520円
(分割OK)
539円不明/
最長1週間
SOS ボタン付き
・分割の場合は605円x24回
キンセイGPS8,800円2年目から
440円
不明/
最長1週間
8,800円に1年分の通信費込み
Pocket GPS不明不明不明/
最長1週間
あんしん
ウォッチャー
11,000円539円1500mAh/
不明
au HOME・with HOMEに新規加入した人は
利用開始月から12カ月間無料。2台まで登録可能

GPS発信機について、こちらの記事により詳細をまとめていますので、購入を検討される方は、ぜひ合わせてご覧ください。

【子供の見守りGPS発信機】機能比較とケース別のおすすめ6選 (日本版GPS "みちびき"対応)
GPS発信機は、小学校に堂々と持ちこめる見守り機器です。本記事では、日本版GPS"みちびき"対応のおすすめ5製品と非対応だけど多機能なotta.g について特長をまとめ、機能とコストを比較しました。また、「どの製品がどんな人におすすめか?」についても解説しています。

キッズスマホ

特長

私が思う大きなメリットは、以下2つです。

  • スマホを持つ練習になる
  • 親のキャリアに関係なく電話を持たせることができる

ただし、小学生のうちは、まめに子供の利用状況をモニターする必要があるので、アプリ制限などが面倒という親御さんには向かないかもしれません。また、他の方法に比べると、少しランニングコストが割高になります(月額1,100円)。

製品比較とオススメ

キッズスマホは以下の2択です。

個人的なオススメはトーンモバイルです。スペック、コストともに非常に優れていると思います。端末はスマホそのもので、途中からAndroidのフルスペックのスマホに切り替えることも可能です

Hamic POCKET は、”プレスマホ” と謳われている通り、アプリが使えるキッズケータイといった感じです。デザインはかわいいです。

製品名 端末代
(税込)
月額
(税込)
追加通信費利用制限について
Hamic POCKET16,500円1,100円
(1GB)
200MB: 220円
500MB: 550円
1GB: 880円
Google ファミリーリンクでアプリの利用を管理
はじめてにやさしい
【トーンモバイル】
21,780円
(907円x24回)
1,100円・SNS、LINEは無制限
・動画視聴はチケット制
 (1GBあたり330円)
フィルター、アプリ制限機能有り。自画撮り(裸など)制限有り。

キッズケータイ

特長

未だスマホを持たせたくないけど、通話はたくさん使いたいという方には良い選択だと思います。

アプリの制限などを考える必要がないため、親の負担は軽いです。それに、親が3台キャリアのユーザーであれば、比較的低コストで親子間通話が無制限で使えます

また、適切な製品を選べばキッズスマホよりは若干割安になるはずです。子供の楽し的には中途半端かもしれませんが、ニーズはあると思います。

製品比較とオススメ

キッズケータイがちょうど使い勝手が良いという方には、コスト優先でソフトバンクのをオススメします。ドコモとauはGPS機能が別料金です。ソフトバンクの中でも、”キッズフォン”の2機種はカメラ付きで、”見守りケータイ”はカメラ無しです。

製品名キャリア端末代(税込)月額(税込)通話料(税込)GPS使用料(税込) 他
キッズケータイドコモ396円×36回
(14,256円)
550円22円/30秒 (ファミリー割
使用であれば、家族間の通話は無料
・位置検索オプション費用: 220円/月, 検索1回5.5円
ただし、ahamo契約者はGPS検索
できない
マモリーノ5au440円×36回
(15,840円)
550円22円/30秒 (au電話宛は無料)330円 パケット料別
(安心ナビ)
キッズフォン 2SoftBank750円×24回
(18,000円)
539円5分以内: 無料(他社への電話もOK)
5分以上: 家族割引で家族への通話無料。家族割引なしでは22円/30秒
無料
(みまもりマップ)
キッズフォンSoftBank500円×24回
(12,000円)
同上同上同上
みまもりケータイ4SoftBank510円×24回
(12,240円)
同上同上同上

※ ジュニアケータイプランN + au PAY カードお支払い割

【番外編】スマート防犯ブザー

私も最近知った商品なのですが、上記の3種類の枠にとらわれないスマート防犯ブザー”otta.g” という商品があります。

Makuakeから出てきた商品です。契約プランにもよるのですが、親子間の双方向で音声メッセージが遅れる防犯ブザーというのが最大の特長です。

スマートウォッチやキッズスマホが学校で禁止されていて持ち込むのは気が引けるけど、位置検索とボイスメッセージは使いたいという方には最適だと思います。上述のGPS端末”みもり”に近いですが、子供からボイスメッセージが送れる点はottaの方が優れていると思います。また、GPS機器と防犯ブザーが一本化できるのもメリットだと思います。

以下、料金プランです。コスパがとても良いとは言えないですが、堂々と学校に持ち込める(ランドセルにぶら下げておける) 防犯ブザーと一体にしたというのは、目の付け所が良いと思います。

GPS見守りプラン音声パック80プラン音声パック220プラン
月額(税込)748円880円1,078円
位置検索〇(制限無し)〇(制限無し)〇(制限無し)
ボイスメッセージ利用回数10回/月80回/月220回/月
引用元:otta.g

ボイスメッセージは足りなくなったら追加チャージ 200回/330円(税込)

まとめ

どんな方がどんなGPS機器を選ぶと良いか? また、各機器の特長とおすすめの製品をまとめました。

どの種類の機器を選ぶか? どの機種を選ぶか?は各家庭の事情や周りの環境にも左右されるかと思いますが、お子さんと一緒に何をやりたいか(やらせたいか)? という見守り”+α”」を考えていただくと楽しくツールを選べるのではないかと思います

そういった視点で考えた時に、個人的には、スマートウォッチとキッズスマホを年齢に合わせて使い分けるのが良いのではないかと思います。我が家も、できるだけ高学年までスマートウォッチで引っ張ってから、キッズスマホに乗り換えたいと考えています。

この記事が、お子さんの防犯対策に悩んでいる親御さんの役に立てば、とてもうれしいです。では、最後に私の一押しのスマートウォッチとキッズスマホのリンクを貼っておきます。ぜひご覧ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました