【myFirst Fone R1のレビュー】月額209円で見守りキッズスマートウォッチを使う。各機能と電池の持ちは?SIMはどう選ぶ?

OaxisのキッズスマートフォンmyFirst Fone r1キッズスマートウォッチ

myFirst Fone R1 は、かっこいいから子供が進んで身に着けてくれそう! でも、見守りの機能はどうなのかな? それに月額も気になるわ・・・

カワエビ
カワエビ

見守り機能は十分かな。それに、コスパの良いSIMを選べば、月額最安の見まもりGPSだよ! 順番に説明していくね!

本記事では、キッズスマートウォッチ”myFirst Fone R1 の見守り機能や電池の持ちについて解説し、1年3か月使ったリアルな感想をまとめました。

SIMについては、1GBまで月額無料の楽天モバイルや、筆者が使っているb-mobileの190PadSIM、メーカー推奨のSIMについて解説しました。

2022年7月1日から楽天モバイルの1GBまで無料が廃止に!

これまで楽天モバイルをおすすめしてきましたが、とうとう次のプラン(UN-LIMIT Ⅶ) で「1GBまで無料」が廃止され、0~3GBまで1078円(税込) となります。残念ながら、この価格設定はスマートウォッチにはおすすめできません。

楽天モバイルはメリットがなくなってしまいましたが、b-mobile のSIMを使えば、月額209円でmyFirst Fone R1を使うことができます(メーカーが動作保証しているわけではありません)。

本記事は以下のような人におすすめです。

  • myFirst Fone R1 が子供の見守り用として十分か?が知りたい
  • スマートウォッチにデメリットがないか?が気になる
  • キッズスマートウォッチを検討しているけど、どれが良いかわからない
  • myFirst Fone R1 にどんな機能があるか知りたい
  • 前の機種に不満があったので、改善されているか知りたい
  • どのSIMカードが良いのかわからない
  • 月額はどれくらいかを知りたい

長く使った方のレビュー記事は未だ少ないので、本記事を読んでmyFirst Fone R1が”買いなのか?”を 見極めていただけたらと思います。

【新製品情報】2022年5月に後継機が発売

myFirst Fone R1 がマイナーチェンジされ、myFirst Fone R1s が発売されました。”s”はスピードを意味するようです。

価格は公式サイトで20%オフの21,584円です(2022年5月時点の価格)。現行モデルと比較すると4,604円高い価格設定です。

おそらく、R1とR1s は、iPhoneのように当分の間、共存すると思われます。機能と価格のバランスを考えて、ユーザーがどちらかを選ぶ感じですね。

myFirst Fone R1s については、こちらのレビューをご覧ください。

【2022年春モデルのレビュー】myFirst Fone R1s(マイファーストフォンアールワン・スピード)を使った感想。データSIMと通話SIMはどちらがおすすめ?
2022年5月発売のキッズスマートウォッチmyFirst Fone R1s について、前モデルとの違いについて解説しました。スマートウォッチは、親の安心と子供の楽しみを両立できる、コスパ最強の見まもりGPSツールです。SIMについては、楽天モバイルの値上げが発表されたため、次におすすめできるb-mobile とHISモバイルについて解説しました。

追加された主な機能は以下の通りで、より大人向けのスマートウォッチに近づいた印象です。中でも、バイブレーション機能は、子供がメールの通知に気づかないという問題を解消してくれる便利な機能だと思います。

  • バイブレーション
  • 心拍数モニター
  • 手上げ点灯
  • 処理速度が2倍
  • 防水性能がIPX8にアップ(R1はIPX7)
  • アニメーション文字盤
  • カスタマイズ提示音・アラーム

バイブレーションと心拍数モニター機能が追加

公式サイトでmyFirst Fone R1s を購入する

myFirst Fone R1 とは?

シンガポールのキッズ家電メーカーOaxis が2021年1月に発売した、GPS内蔵のキッズスマートウォッチです。

本機種から4G回線に対応しています。見守り(位置情報の検索) だけでなく、ビデオ通話やチャットなど、親子のコミュニケーションツールとしても非常に優れています。

また、本機種から音楽再生機能も追加され、カメラの画質も改善されており、子供の楽しみもアップしています。

以下はメーカー公式のイメージビデオです。会話による親子のコミュニケーションや、音楽再生機能の魅力が伝わると思います。

myFirst Fone R1 は買いか? デメリットはある?

私は「my First Fone R1 使ってみてどうですか?」 と聞かれたら、「おすすめです」と答えます。

以下の通りメリット・デメリットがありますが、トータルで”十分使える”と思います。旧モデルは電池が持たないという問題がありましたが、その他の機能も含め、R1 はかなり改善していて、十分実用に耐えると思います。

メリット

  • かわいい(カッコイイ)ので、身に着けるのを嫌がらない
  • ビデオ通話が双方向になった(前機種は子供からかけられなかった)
  • キッズスマホやキッズケータイより月額が安く使える
  • 旧モデルより電池の持ちが大幅に改善された
  • ゲームが入っていない(娯楽は音楽再生のみ)
  • アプリを入れることはできない
  • 液晶がきれい

デメリット

  • データSIMで十分だが、ランニングコスト(月額)がかかる
  • GPS発信機に比べて電池の持ちが悪い
  • 学校が持込を禁止していることがある

※ 楽天モバイルが利用可能な環境で、一定の条件を満たしている方は1Gまで無料で使える可能性があります。詳細は後述します。

ちなみに、筆者の娘の学校もスマートウォッチは禁止されていますが、音のならない”クラスモード(マナーモード)” にして、ランドセルに入れています。

保護フィルムと骨伝導イヤホンのセットがお得

myFirst Fone R1 を公式サイトで購入する

なぜスマートウォッチが良いと思ったのか?

そもそも筆者は、なぜスマートウォッチを選んだのでしょうか?

他のGPS機器との特長比較を表にまとめてみました。

私が思う最大のメリットは、「学校や学童に行くときはランドセルに入れておく」、「公園などに遊びに行くときは腕に着ける」という二通りの使い方ができるところです。特に、小学校低学年~中学年ぐらいに最適ではないかと思います。

製品端末コストランニングコスト電池容量通話機能身に着け易さ
キッズスマホ
キッズケータイ
     
GPS発信機     
スマートウォッチ     

ちなみに、「どのように見守り用のGPS機器を選んだらよいか?」をこちらの記事にまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

スマートウォッチとGPS発信機、キッズスマホ/ケータイ のメリット・デメリット | 子供に持たせるならどれ?月額がかからない方法はある?
スマホ以外に、小学生の見守り用にどんな方法(製品)があるか? どう選んだらよいか? についてまとめました。個人的なおすすめは"キッズスマートウォッチ"と"キッズスマホ"ですが、キッズケータイ、GPS端末(位置検索のみ) も良いところがあります。それぞれ商品比較とおすすめも紹介していますので、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

デザインについて

前作も良かったですが、より幅広い年齢層にうけるデザインになったと思います。

おそらく、未就学児から小学校高学年まで、喜んで身に着けてくれるのではないでしょうか?画面保護のプロテクターも違和感なくデザインに溶け込んでいます。

カラーは3色用意されていますが、男の子はインコ(青と黄色)、女の子はラベンダー(パープル)が気に入りそうですね。

使い方と電池の持ちについて

公式サイトには待機時間48時間とあるけど、電池の持ちは使い方によるのよね?
下校の時と、その後の外遊びの間が一番心配だから、その時間帯は細かく位置を記録して起きたいわ。電池はどれくらい持つのかしら?

例えば、14:30までは”待ち受け”のみ、それ以降は”5分毎の位置記録” というのはどうかな?その使い方だと、充電頻度は2日に1回ぐらいだよ。電池の持ちがよくなるから、自宅でのWi-Fi 接続は忘れずにね!

電池の持ちは、使い方によって1~3日ぐらいの幅があります。特に電池の持ちに影響するのは、Wi-Fi接続とトラッキング機能(移動履歴を記録する機能)です。

Wi-Fiに接続しておくと、GPS信号を探しに行かないため、電池の持ちが劇的に良くなります。自宅にネットを引いている方は、ぜひWi-Fi接続設定をしておきましょう。

トラッキング機能については、位置を記録する頻度によって電力消費の速さがかなり異なるので、いくつかのケースで、およそどれぐらい電池が持つか? を表にまとめてみました。

一日の時間割の中で、トラッキング設定を色分けしています。

myFirst Fone R1 のトラッキング頻度の設定と電池のもちについて。1日の時間割の例を4ケースに分類。

ケース 1 とケース 2 は主に下校後が心配な場合で、ケース 3 は知りたい時だけ位置情報を取得できれば良い場合、ケース 4 は登校時も心配な場合を想定しています。

ただし、各機能の使い方や、SIM、時計の個体差など色々な要因で変わってしまいますので、あくまで目安と思ってください。なお、この表は以下の条件を想定しています。

SIM:b-mobile の190PadSIM“> b-mobile の190PadSIM プラン(ドコモ回線)
Wi-Fi: 自宅では常にWi-Fiに接続
音楽再生:不使用

ビデオ通話:1日1~2回程度
リアルタイムの位置検索:数回程度

見守り機能について(1年使ってみた感想)

GPS (リアルタイム追跡、トラッキング)

概ね精度は良好だと思います。私の使っている環境では、数メートル~数十メートルほどの誤差だと思います。家ではWi-Fi につないでいますが、それも位置精度向上につながるそうです。

前述のトラッキング機能は、設定した時間間隔(1分、5分、10分、30分、1時間の中から選択) で位置情報を記録してくれます。必ずしも設定する必要はないのですが、下校時や公園遊びの時などに設定しておくと安心感が増します。考えたくはないですが、万一、誘拐されたような場合には参考になると思います。

こちらアプリの設定画面ですが、ON/OFF、位置を記録する頻度・時間帯・曜日が設定できます。

キッズスマートウォッチmyFirst Fone R1 のトラッキングモードの設定画面

ちなみに、「とにかく位置精度の良いものが良い」という方には、スマートウォッチではなくGPS発信機をおすすめします。特に日本版GPSに対応している製品が良いと思います。GPS 発信機については、こちらにおすすめ製品をまとめていますので、よろしければご覧ください。

【子供の見守りGPS発信機】機能比較とケース別のおすすめ6選 (日本版GPS "みちびき"対応)
GPS発信機は、小学校に堂々と持ちこめる見守り機器です。本記事では、日本版GPS"みちびき"対応のおすすめ5製品と非対応だけど多機能なotta.g について特長をまとめ、機能とコストを比較しました。また、「どの製品がどんな人におすすめか?」についても解説しています。

通話/ビデオ通話

少しでも安く使いたいから、データSIMで済ませたいんだけど、その場合はビデオ通話しかできないのかな?

そうだね。でも、普通の使い方だったらビデオ通話で十分だから、データSIMでOK だよ!

本モデルから、双方向のビデオ通話(スマートウォッチからは最大3分の制約あり) ができるようになったので、ビデオ通話だけで十分です。

したがって、SIMはデータSIMでOK(通話SIMは不要) というのが筆者の結論です。つまり、ランニングコストはGPS発信機と同等かそれ以下になります

例えば、お子さんが、「キッズケータイを持っている友達と電話したい」というような場合は通話SIMを視野に入れても良いかもしれません。

ビデオ通話の画質に関しても、かなり改善されていて、使っていて楽しいと思います。

カメラ

200万画素と書いてあるけど、ピンとこないなあ。画面はキレイなのかな?

200万画素といわれてもピンときませんが、スマートウォッチの画面で見る限り十分きれいです

うちの娘は、最初は気に入って色々撮っていましたが、最近は飽きたのか、ほとんど撮らなくなってしまいました・・・。

腕時計なので自撮りはしやすいのですが、友達と一緒に撮ったり、気に入った風景を取るような用途には向かないと思います

中高学年の子供であれば、何かをメモ代わりに撮るといった使い方はできると思います。

デバイス外れアラート

最初はすごい機能だと思ったのですが、今のところ使えない機能ですね

例えば、「公園で遊んでいるときに外してしまった」みたいな状況を想定していると思われますが、いちいち”その時だけ”オンすることはできないので、実際にはこの機能をオンしっぱなしになります。

そうすると、時計を見に着けていない時に誤作動してすごい頻度で通知が来ます。鬱陶しくなってアプリでオフすると、今度は必要な時に機能しないという・・・。

もう少しプログラムが最適化されれば、使える機能になるかもしれません。

音楽再生(MP3のみ)

悪くないと思います。ゲームが入っていたり、アプリが入れられるようなスマートウォッチもありますが、”娯楽は音楽のみ”というのが潔く、教育上も良いと思います

イヤホン/ヘッドフォンの接続は、Bluetooth のみの対応です。ファイル形式はMP3のみです。MP3というのが時代遅れな気もしますが、あえてやっているような気はします(子供が勝手に色々いじれないように)。

うちの娘は最初こそ「〇〇の曲を入れて!」と言ってきましたが、4~5曲入れたら、その後は特に何も言わなくなりました(イヤホンを持っていないというのもあるかもしれませんが)。

音楽ファイルを入れる方法は、まず、以下の方法でMP3形式で音楽ファイルを用意します。

  • CDをリッピングしたデータをMP3で保存
  • Youtubeなどから(法的に問題のない)データをダウンロードしてMP3に変換
  • サブスクの音楽ファイルをダウンロードしてMP3に変換

次に、スマートウォッチとPCをUSBケーブルでつないで、該当のMP3ファイルをスマートウォッチの内部ストレージ内のフォルダに移します。

すでに子供が聞きたい曲がMP3形式でPC内に保存されていれば、大した作業ではないですが、そんなケースはほとんどないはずなので、親の作業としてはけっこう面倒くさいです

セーフゾーン機能

アプリ上の地図で200~2000mまでのセーフゾーンエリアを設定すると、スマートウォッチをつけた子供がエリア外に出た時、アプリに通知が届きます。学校や自宅周辺など複数のエリアを登録することができます。

私は設定していますが、今のところ通知が来たことはないです。もう少し娘の活動エリアが広がった際に威力を発揮するかもしれません。

お友達追加機能

myFirst Fone R1 を使っている友達がいると、お友達追加ボタンをタップして登録することができるという機能です。電話またはボイスメッセージが使えます。

ただ、うちの娘の周りにはmyFirst Fone を持っている友達はいないので、使ったことないですね。

旧モデルも持っているのですが、旧モデルと新モデルは友達追加できませんでした。

SOS機能

活躍する場面はほぼないのですが、非常に重要な機能です。

SOS ボタンを長押しすると、アプリにアラートと位置情報が送信されます。さらに、ボタンを押した直後から30秒、周囲の音を録音してアプリに送信してくれます

10ヶ月使ってみて、SOS通知が来たのは10回ぐらいでしょうか。ランドセルに入れっぱなしの時に誤ってSOSボタンが押されてしまうことが多いようです。

通知が来ると一瞬ドキッとするのですが、位置情報を見て、録音を聞いて誤作動だとわかり、安心することができます。頻度としては高くないので、気にならないレベルですね。むしろ、「ちゃんと動いているな」と安心するぐらいです。

クラスモード

アプリで学校にいる時間を設定しておくと、その間はGPSとSOS機能以外使えなくなるという機能です。

「何かの間違いで授業中にアプリから電話をかけてしまった時」「子供が学校で時計をいじってしまうような場合」には、威力を発揮すると思います。私はこの機能は使っています

電源オフ禁止

アプリでこの機能をオンしておけば、子供が勝手に電源を落としたり、誤ってボタンが長押しされて電源が落ちてしまう、ということが防げます。

機能としてはアリなのですが、1年使っていてこの機能を必要としたことはないです

うちの娘は電源をオフしてしまうようなことはないですし、今のところ誤って電源が落ちてしまったこともないですね。おそらくSOSボタンと違って、電源ボタンが小さいために誤って押されにくいのだと思われます。

ただ、不安であれば、この機能はオンにしていても問題ないと思います。

リモート再起動

アプリ側からリモートで再起動をすることができます。

面白い機能ですが、1年間でリモート再起動が必要となったことはないですね。

SIMについて

SIM については、最近の状況を踏まえて、こちらの記事 で「データSIMと通話SIMのどちらを選ぶべきか?」と「筆者おすすめのコスパ重視のSIM」について解説しているので、ぜひご覧ください。

Wi-Fiのみの使用について

公式サイトには大きく取り扱われてないですが、ダミーSIM(契約が終わって使わなくなったSIMカード等)を入れると、Wi-Fiに繋いで使用することができます。

例えば、小学校に入る前に2〜3ヶ月ぐらいWi-Fiのみで練習するとか、Amazonのタイムセールで安いときに買っておいて、外で使うようになるまではWi-Fiのみ・・・といった使い方はありだと思います。

あとは、おじいちゃん、おばあちゃんのスマホにアプリを入れておいて、子供が家にいる時にビデオ電話する、なんて使い方もできます。

ちなみに、我が家では旧モデルにダミーSIMを入れて、次女のおもちゃとして使っています。

アフターサービスについて

海外メーカー製ということで、品質やアフターサービスに不安な方も多いかと思います。

ちなみに、筆者は発売前の2020年12月に公式サイトで予約して購入したのですが、最初に届いたmyFirst Fone r1 はベルトがうまく取り付けられませんでした(ベルトの金具と本体の穴の位置がわずかにずれていた)。

おそらくまだ品質が安定していなかったのではないかと思いますが、「問い合わせ」にメールするとすぐに返事が来て、新品と交換してくれました。

カスタマーサービスの方は日本人ではなかったですが、こちらの意図を理解して、ちゃんと日本語のメール対応をしてくれたので、対応は問題ないと思います。スピード感も問題なかったです。

保護フィルムと骨伝導イヤホンについて

myFirst Fone r1 と合わせて買うと良いもの(画面の保護フィルムとイヤホン)を別の記事で紹介していますので、良かったらこちらもご覧ください!

【myFirst Fone R1のオプション】純正保護フィルムと他社品の価格・特長を比較。セット割で買える骨伝導イヤホンは必要?安全面は?
myFirst Fone R1 を購入予定で、「保護フィルムは買うべき?」と迷っている方はいないでしょうか?本記事では、純正のフィルムとAmazon等で買える製品を比較しました。それぞれ色々な機能が付加されているので、希望にあうのを探してみてください! もう一つ、セット割で買えるものに"骨伝導イヤホン...

まとめ

Oaxis のスマートウォッチmyFirst Fone R1 を1年以上使ってみた私の結論は、”あり” です。

初期投資はややお高めですが、必要な機能は十分使えるレベルで、かつ、見た目がカッコ良い(かわいい)ため子供も喜んでつけてくれます。

①カバンに入れる、②腕につける の”二刀流”が小学校低学年~中学年には最適だと思います

また、SIMに関しても筆者が利用している b-mobile の”190PadSIMやメーカー推奨品(IIJmio、myFIrst Fone専用SIM) を紹介しました。安心の推奨品を選ぶか、コスト重視でb-mobile 等の格安データSIMを選ぶかは検討してみてください!!

なお、購入される場合は、Oaxis 直販サイトかAmazon が比較的安いと思います(2021年11月現在)。

▼骨伝導イヤホン/保護フィルムとのセットは公式サイトがお得です!追加保証もつけられます。

  

▼Amazonはたまにタイムセールやクーポンで安くなってます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました